三菱ふそう「ファイター」「エアロエース」「エアロスター」等に不具合

三菱ふそう「ファイター」「エアロエース」「エアロスター」等に不具合

三菱ふそうトラック・バス株式会社は2015年4月9日、国土交通省にリコールを届け出ました。(4月10日リコール開始)

対象は三菱ふそうの中型トラック「ファイター」、バス「エアロスター」「エアロエース」「エアロミディ」「スペースランナー」計5車輌のうち、平成22年5月28日から平成27年2月16日までに製造された20,328台。

 

エアーコンプレッサーのシートガスケットの強度が不足しており、ピストンの往復運動による圧力震動でが助っ人に亀裂が入る恐れがあります。これが元となり、以下の不具合を起こす可能性があります。

①エア圧送時に冷却水がエア通路に侵入して配管を伝わり、エアドライヤから排出されて冷却水が減少。これにより警告灯が点灯し、エンジンの出力が制限されます。

②冷却水がエア通路に侵入した後、エア圧送時の発熱により蒸発。これが結晶化し、成形された固形物が吸排気バルブに付着して吸入および圧送されるエアが減少します。エア圧が低下すると警告灯の点灯とともに警報ブザーが鳴り、そのまま使用を続けると十分なエア圧が確保できずにブレーキ機能に影響を及ぼします。最悪の場合、路上故障に至る恐れがあります。

 

改善対策として、全車両のエアーコンプレッサーヘッド一式を対策品に交換し、更にエア通路に冷却水の侵入が認められた場合はエアーコンプレッサーのピストン及びシリンダライナーを新品に交換。エアドライヤーのオーバーホール実施、エア系統の点検及び冷却水の混入が認められるものはエア系統の清掃、その他不具合が認められる者に関しては該当部品の新品交換をするとしています。

なお、現在までに不具合の報告は459件報告されています。

 

http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_001907.html

業界ニュースの関連記事

かんたん査定

お車情報

車名
形状
年式
ご連絡先、記載情報のお間違いが多くなっております。ご注意ください。

お客様情報

氏名
TEL
メールアドレス
都道府県