神奈川県の買取対応エリア

神奈川県で
トラック・バス・重機・建機の売却をお考えの際には
ジールまで

神奈川県のトラック概況
神奈川県には川崎市や横浜市など東京湾に面する京浜工業地帯があり、特に化学工業では全国一位の生産量を誇っています。また横浜港、川崎港、横須賀港は輸出入も盛んで、輸出額は年間8兆円を超えます。輸出品の7割以上を機械・機器類が占め、輸入品は鉱物性燃料、食料品、機械・機器類(自動車を含む)がそれぞれ大きなシェアを占めています。日本を代表する港町・横浜の面目躍如といったところでしょうか。
このような神奈川県では、港湾施設や工場内車両で働く大型車・特装車の台数や種類が多く、また陸送用にも重量物を長距離輸送する大型トラック・トラクターが多いという特徴が見受けられます。港の近隣で使用されるトラックは塩分による影響が大きく部品の劣化が進みやすいという特徴があります。古いトラックは私たちが高値で買い取らせていただきますから、あまり劣化が進まないうちに新しいトラックへのお買い換えをお薦めします!

東京都の南に位置する神奈川県。県庁所在地の横浜市を中心に、活気のある地域です。東京都のベッドタウンにもなっており、都道府県別の人口は東京都に次いで第2位となっています。中世には鎌倉幕府が開かれ、政治や貿易の中心地としても歴史の長い都市です。さらに産業規模は東京都や大阪府に匹敵するほどで、平成20年度の県内総生産は30兆円を超えています。
神奈川県では、特に東京湾に面している横浜市や川崎市のほうで工業が盛んです。この地域は京浜工業地帯として有名で、製造品出荷額等は愛知県に次いで全国第2位を誇っています。トラックによる運送事業者数とトラック保有台数も非常に多いのですが、いっぽうで有料道路も日本一多い県であることが事業者にとってネックとなっています。コスト削減のために中古トラックのニーズが高いので、有利なトラック買取を期待できます。

神奈川県 買取車種ランキング

神奈川県内で取り扱いの多い車種をご紹介します。

  1. 1位
    レンジャー
    メーカー 日野
    車名 レンジャー

    1964年から発売されている日野・レンジャー。中型クラスのトラックです。「常に進化し、お客様の期待に応え利益をお約束する」というコンセプトの通り、何度もマイナーチェンジされています。現在は5代目です。8トンクラスから20トンクラスまで幅広いラインナップを揃えられています。

    車種情報を見る

  2. 2位
    シビリアン
    メーカー 日産
    車名 シビリアン

    大きな窓と広々とした室内が魅力の日産・シビリアン。キャブオーバー型の29人乗りマイクロバスで、クラス唯一のガソリンエンジンなのが特徴です。

    車種情報を見る

  3. 3位
    アトラス
    メーカー 日産
    車名 アトラス

    2013年1月にフルモデルチェンジされた日産のアトラス。新型アトラスは「NT450 アトラス」となり、 低コストだけでなく環境への意識も徹底されているのが特徴です。

    車種情報を見る

神奈川県の担当支店

  • 拠点名 関東支店
    所在地 〒210-0012
    神奈川県川崎市川崎区宮前町8-11
    第5平沼ビル601
    電話 044-230-0889
    FAX 044-230-0718
    担当地域 千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、山梨県、長野県
    古物商許可証番号 第452500008409号(神奈川県公安委員会)
    責任者

かんたん査定

お車情報

車名
形状
年式
ご連絡先、記載情報のお間違いが多くなっております。ご注意ください。

お客様情報

氏名
TEL
メールアドレス
都道府県